ABOUTUS

ABOUT US

タカシマについて

タカシマについて

タカシマボタン

洋服をつくる。アクセサリーをつくる。
着古したシャツのボタンを付け替える。
子供とお揃いのニットを編む。

じっくりとボタンを眺めたり、手にとって触って、並べてみる。
ひらめいて、はっとして、悩んで、頷く。

仕事も年齢も性別も、関係ない。
共通するのは作りたい気持ちだけ。

ボタンを通して作り手達が集まり
自分の思いやふとしたアイデアを形に出来る場所
そんなアトリエのような場所をタカシマボタンは目指しています

大切にしていること

タカシマボタンは2001年に貝ボタンメーカーとして生まれました。
立ち上げ当初は卸売のみでしたがネットを通して販売し、お店を構え、作る人の思いに応えたいとの
気持ちから今では様々なボタンやパーツを取り扱うようになり、
海外からもお客様が訪れるようになりました。
アパレルの不況が長引き同業者がどんどん少なくなる中、私たちはコツコツと自分たちができること、
目の前の作り手の声に向き合うことを続けてきました。

小さな変化を楽しみ、作り手の気持ちに向き合うこと。
そんな当たり前をこれからもずっと大切にしていきます。

貝

暮らしの中の工芸品、貝ボタン

貝ボタンは奈良の工場で貝をくりぬくところから始まります。
プラスチックなら一気にくり抜けるところ、貝は一つ一つ形も大きさも異なるため、一個ずつ手に持ってくり抜くしかないのです。

くりぬいて形を作って、削って、穴を開けて…
こんなにいくつもの工程を経て作られる貝ボタンを私たちは日常の中にある工芸品だと考えています。

奈良

人の手から、世界中の人の手へ

工場で作られたボタンはすべて、私たちの目と手を通して検品しています。
良いコーヒーを作るのに豆のハンドピックが欠かせないように、ボタンの仕上げは良いものを選別する、最後のこの一仕上げだと考えています。1点ずつ目で見て確かめる、こんなに骨の折れる手間を数十年も毎日続けているのです。

タカシマボタンはこれからも、小さな浅草橋のお店から価値あるものを世界中の作り手に届けていきたいです。

ボタン

VISION







作り手の集う場所を創る

これが私たちの目指していること


着古した白いコットンシャツのボタンを変えてみようか、と初めて針を手にするビジネスマン

子供の洋服をお気に入りのリバティプリントで一針一針丁寧に仕上げるお母さん

オーダースーツに合うボタンが見つからずに2時間位ずっと悩んでいるおじちゃん

メイドインジャパンにこだわり日々新しい物を生み続けている若手クリエイターやブランドさん達

そして、私たちのわがままにいつも応えてくれる奈良の職人さんや工場さん、沢山の仲間達



今まで出会うはずのなかった人たちがこのタカシマに集い、

コーヒー片手にモノ作り談義についつい熱くなったり

下らない話に盛り上がってビールを開けてしまったり

仕事の煮詰まったアイデアを放り出して一息ついたり

ただただひたすらボタンを眺め続けたり


そんなちょっと賑やかで時には真面目でほっとする場所

作り手達のHOMEでありアトリエでもある場所

そんな場所を目指して私たちは日々楽しく頑張っています

ここタカシマが少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです



東東京の下町 浅草橋より

タカシマ
高島 文典
山本 真理恵

COMPANY PROFILE 企業情報

会社名タカシマ
代表者高島 文典
所在地(本社)〒160-0007 東京都台東区浅草橋4-1-4 MTCビル1F
設立年月2001年7月
資本金 3,000,000円
取引銀行 東京三菱UFJ銀行
みずほ銀行
朝日信用金庫
城北信用金庫
事業内容アパレル副資材•付属品 製造卸売事業、直営店事業、インターネット通販事業

HISTORY 沿革

1979代表の高島が日本の最大手貝ボタンメーカー“トモイ”に入社
2001独立 タカシマ設立 
貝ボタンをメインにアパレル副資材の製造、卸売り業を始める
2010オンラインショップを立ち上げる
2012浅草橋の事務所を改装、小売り店舗兼オフィスとする
2013 赤レンガクラフトフェスタ 出展
題4回 台東区 モノマチ 参加 

CATEGORY
SIZE

ボタン

リボン/テープ

パーツ

COLOR
WHERE TO USE

CALENDAR
  • 今日
  • 定休日
  • 時短営業

MON-FRI 11:00~18:00
SAT 12:00-17:00(第3土曜日休み)
CLOSE  日祝日、第3土曜日
**18日(土)は第三土曜日の為お休みです**



ページトップへ