• カートを見る
  • ログイン
  • お問い合わせ
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • ご利用ガイド
  • よくある質問
  • お気に入り
 

貝ボタンが出来るまで



“貝ボタンの魅力” それは天然素材の持つ素材の輝きと風合い、これに尽きると思います。

高瀬貝、黒蝶貝、茶蝶貝、白蝶貝、アコヤ貝。。 古くから人々に親しまれ、暮らしの中で大切に使われてきました。

現在、安価で品質の管理しやすい化学物質、プラスチックのボタンが主流になっています。

しかし、タカシマはこの貝で作ったボタンにこだわり続けます。

1点1点違う輝きを放ち、服を彩り、手に馴染む、 それは本物の貝ボタンだけが持つ魅力です。


貝ボタンとは|貝ボタンが出来るまで1 

オーストラリア、タヒチ、フィリピン。。

原貝は様々な国から海を渡って日本の奈良へ

数10トンの貝の中から

用途によって貝を選別します


貝ボタンとは|貝ボタンが出来るまで3

貝を手に持ち、1個1個機械でくり抜いていく

熟練の職人にしか出来ない、繊細な作業



貝ボタンとは|貝ボタンが出来るまで4

プラスチックのボタンは機械で一気にくり抜けるけど

貝ボタンは1個1個,丁寧にくり抜きます

貝は二つと同じ形が無いから、機械化が出来ないのです


貝ボタンとは|貝ボタンが出来るまで3 

貝をくり抜いた状態、これを"ブランク"といいます

ブランクの状態で仕入れる国もありますが

奈良では原貝から加工します

摺り場(すりば)という、ブランクの表面を平らにする工程

ボタンの厚みの調整も行います
 


貝ボタンとは|貝ボタンが出来るまで4 

次は面削(メンソウ)と呼ばれる、

ボタンの形を作る作業

刃を回転させることで型をつけます

厚みを整えた状態から機械に1個1個運ばれ。。。 



貝ボタンとは|貝ボタンが出来るまで


いよいよ穴を開ける作業へ


貝ボタンとは|貝ボタンが出来るまで

実はこの穴のピッチが工場間で微妙に違い

それが工場らしさになっています


貝ボタンとは|貝ボタンが出来るまで6 

穴開けの終わった爛椒織鵝蹐燭

この状態だと確かに、ボタンに見える

出来たてほやほやのボタンの原型

ここから仕上げの作業へ



貝ボタンとは|貝ボタンが出来るまで7 

形を作ったら、仕上げの作業へ

薬品で表面にツヤを出していきます

仕上げ作業の2段階目

六角形の化車(がしゃ)の中に貝ボタンを入れて回していく





いぼた蝋を付着させたもみ殻と一緒に化車の中で回すことで

貝ボタンの表面に被膜を付け、ツヤ出しします




 
くり抜いた貝はまた倉庫に保管し、用途の合う時に再度くり抜かれます

ムダなところはない位、本当に最後まで貝を使いきるのです



貝ボタンとは|貝ボタンが出来るまで9 

奈良の貝ボタン工場の周りは畑や水田等ばかり

とてものどかな田舎町、本当に良いところです

貝から丁寧に作られたボタン達は奈良から東京へ

そしてタカシマから皆様の元へお届けしています